引きこもりの子どもが親を責める事もある。親の対応には休息も必要です。

引きこもり、不登校の親の会
第3土曜日は上山市ウラヌスの会
お知らせイラスト

山形にはたくさんの親の会がありますが、第3土曜日は上山市の親の会ウラヌスの会が開催されています。

ウラヌスの会はとっても楽しくて、今月も肩の力を抜いて大笑いしながら、みんなでいろんな話をしてきました。親の会は親の居場所ですね。

子どもが不登校というきっかけを作ってくれたおかげで、毎月こんなふうに、素の自分に戻り癒される場所ができました。

引きこもり状態の親の対応はとても大切で、とても大変です

子どもの引きこもり状態を見守る親の対応には、いろいろな時期があります。

子どもに親を責めることをばかりを言われる時期もあるし、こうなったのは親の責任だとか、親が何もしないのはおかしいとか、周りの大人から心無いことを言われて辛い時期もあります。

穏やかな気持ちで見守るぞと思っても、目の前の出来事に対応するのに精一杯で、なかなか難しいこともありますね。

親が後悔したり自分を責めたりしていると、事実ではない無責任な言葉も胸に刺さってしまって、本当にそうなんじゃないか…私がちゃんと出来なかったから…、なんていう気持ちになり、落ち込むこともあります。

引きこもり状態の親の対応はとても大切であると同時に、とても大変でもあります。腰を据えてじっくりとやるためには休息が必要です。人に話すこと聴いてもらえる事で、人の心は癒されます。

信頼できる人や理解しあえる仲間がいると踏ん張りがききますよ。一休みすることもどうぞ大事になさってください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中