引きこもりの対応/自己受容と今のあなたもOKという肯定的な接し方

山形県でリアル親の会「さんろくまる.」と、zoomでオンライン親の会「オンライン360」を開いているNLP子育てコーチです。

Peatix 子どもが引きこもり状態であろうとなかろうと幸せに生きる親の会「オンライン360」

「そのままでいい、ありのままを受けとめるのがいい。」という言葉を聞いても、現実の話として実感がわかなかった…

子どもの今の状態を良くないと思っていると、変えようとしない(ように見える)本人の姿を見た時、悲しみ、不安、怒りなど様々な感情が出てきたりします。
或いは、親の自分が責任をもって何とかしなければと考えるかもしれません。

私はそんな時に、「そのままでいい、ありのままを受けとめるのがいい。」という言葉を聞いても、現実の話として実感がわきませんでした。
私の中にある『子どもを甘やかしてはいけない』という強すぎる思い込みが、私に不安を感じさせました。

(ここまでの話は、全て私の頭の中で起きていることで、事実をありのままに見ていないのですが、それは又別の機会に書きたいと思います。)

不安な時ほど自信が無くなって、情報に振り回されてしまう

私たちは、子どもの引きこもり状態を心配している時「どうしたらいいんだろう」と常にアンテナが立っています。役に立ちそうな情報も次々に入ってきます。不安な時ほど自信が無くなって、情報に振り回されてしまうことも多いのではないでしょうか。

私たちを取り巻く情報には、色々なキーワードがありますよね。
ありのまま、そのまま、自己肯定、自己受容、ほめる、ほめない…。

今回の4コマでは、ありのまま、そのまま、を中心に書きました。
甘やかす、という観点から見ると、改善するべきところがあっても、悪い面を『そのまま』にしておくことが、甘やかすことです。

例えば、親の中にこの状態は良くないなど否定的な判断がありながら、そのまま何もしないとしたら、甘やかしになります。一方で、この行動は本人にとって意味がある、必要な段階だなどの見方で何もしないとしたら、甘やかしとは別のものです。ここでは親が本人を『ありのまま』に見る力がポイントです。親の感情や、こうなって欲しい理想の我が子像が入りすぎると、『ありのままに見る』ことが何倍にも難しくなります。

自分自身を受容し、この自分で成長していこうというやり方は、自分を大切にし、否定しないやり方

『自己肯定』について私の考えは、自分を否定的に見てばかりいる時は、自分を肯定的にも見ることで偏らない見方が出来るようになると考えます。好きじゃない自分、いい感じの自分、両方がいると分かったら、次はどちらも大事でどんな自分がいてもいい、という『自己受容』です。

自己受容できない場合に、今の自分がダメだから変わらなければならない、という考え方もモチベーションになります。でもこれが長く続くと、辛さがあります。ずっと自己否定でストレスがあるからです。
自分自身を受容し、この自分で成長していこうというやり方は、自分を大切にし、否定しないやり方です。自分に優しいコミュニケーションは、心も身体も健康にしてくれますよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中