引きこもり状態に寄り添う親の会360【オンライン】と【リアル】の違い

私は山形県で、引きこもり状態のお子さんに寄り添う親の会360を開催しています。
参加費は現在無料です。そして4月から、オンラインでの親の会を始めます。
何が違うのかについて、質問をいただいたので、ご説明します。

オンライン親の会は今後有料になるようですが、リアル開催との違いは何ですか?

『引きこもり状態のお子さんに寄り添う方のための親の会』という基本は同じです。
私が悩んでいた時に、「ここでは安心して話せる、話してもいいんだ。」と思える場所と人との出会いがありました。それは、心細く不安で潰れそうだった私に、心強さをもたらしてくれました。安心出来ました。そんな安堵感を感じていただきたいと思い、親の会を開催しています。

親の会には、少し先に経験している先輩方もいます。様々な情報収集の場でもあり、貴重な機会です。
そして話題は「親の話」と、「子どもの話」と、両方がありますね。「親の話」の時と「子どもの話」の時とでは、親の会でのやる事が違ってきます。でも、時間が限られているので、これは、分けた方がいいと考えました。

リアル開催とオンライン開催で、やっていく内容の違いは次の通りです。

◇リアル開催(無料)
話したいこと、抱えていることなどを、安心してお話いただくことを大切にしています。
皆さんの経験や情報の交換など、質問し合えることも、大切にしています。

◇オンライン開催(6月まで無料)
近況などのお話の割合は少なめです。お子さんのことよりも、親のことに軸足を置いてお話しいただくことを大切にしています。
オンライン親の会で目指していることは、親自身が、人に対して柔軟な見方や捉え方が出来るようになったり、自分を大切にすることや、感情のコントロールができるようになっていくことです。

ただ思うままに話すのではなく、会話をしながら、頭とココロをほぐしていきます。
「子どもに余計なことを言わないで見守る。」と分かっているけど、難しい、のように思っている方にお勧めします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中